2018年度ガンバ大阪ユース卒団メンバーへ

May 16, 2019

ガンバユース2019、抜群のスタートダッシュ!〜プレミアリーグ第1クールを終えて〜

IMG_0944
(Instagram:@haru_g23)


年が明けて、4月のプレミア開幕を迎えるまでの約4か月は毎年本当に長く感じます。それだけ待ち望んでる自分にとっての「楽しみ」なんですが、プレミア開幕してもう6週間が経過したという事実に打ちひしがれそうなここ最近の私です。合間にGWは挟んでいるとはいえ、6週間ってこんなにすぐだっけ?短かったっけ?それほどまでに、全速力で駆け抜けた感覚です。

さて、2019シーズンの高円宮杯プレミアリーグは全日程の1/3である6試合を消化し、クラ選・インハイ予選突入のため中断に入りました。昨年は5節終了時点で第1クールの振り返りをここに書いていたようなんですが、今年は6試合で第1クールに。ガンバユースは5勝1分の堂々たる成績で首位を快走しています。好調な間に去年より1試合多く試合ができたのは良かったのかもしれませんね。今回は、その6試合を簡単に振り返っていきます。とはいえ、応援に没頭していてちゃんと試合を見れているかと問われると全く見れていないと思うんですけどね…(笑)でもせっかく首位でいるんだし、この6週間はファンとして最高に気持ちの良い時間なのは間違いなく。それを形に残しておきたいという意味で、ごく簡単にではありますが、ブログ更新してみました。細かい間違いは多々あるかもですが、ご容赦ください…!




第1節 4/7(日)
vs大津高校 【1-1△】


IMG_0971


開幕戦を迎えるまで色々想像を膨らませていたわけですが、予想に反して下級生がスタメンに食い込んでいるなという印象を受けました。ゆくゆく出番を掴むとは思っていたけど、早かったな、と。毎年開幕戦は緊張感の高まりもあり固い試合になりますが、この日も同じ。パスのズレが多く見受けられました。先制を許し、追いついたのは後半AT。途中出場の大谷による値千金のゴールはCKの混戦から押し込んだもの。勝ち点3こそ得られなかったけど、大きな価値と意味のある同点弾。長いリーグ戦、こういうゴールがモノを言うはず。しかしこの試合はピッチコンディションが酷かった。セントラル開催を謳いながら、会場によってコンディションに大きな差が出るのはアンフェア。さっさとセントラル開催は無くしてもらいたい。

WEST 第1節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】

第2節 4/14(日)
vs愛媛FCU-18 【1-2〇】


IMG_0972


プレミアオリ10の愛媛FCとのリーグ初対戦。2週連続の昇格組相手ではあったけど、ホーム扱いの開幕戦で勝ち点3を得られなかったので必勝を期して愛媛に乗り込みました。U-23帯同やケガもあって開幕戦から5人が入れ替わる事態。特にCBコンビはBからそのまま引き上げてきた格好になりましたが、この榛里と颯コンビが本当によくやってくれていて、それがチーム全体に安心感を与えていたと思います。攻撃に比重を置く時間が圧倒的に多かったものの、相手GKが活躍する嫌な流れ。だからこそ守備陣の踏ん張りが逆転を引き寄せてくれたと思っています。忘れてならないのは攻守両面で獅子奮迅の活躍だった修平の存在も。同点ゴールは途中出場の1年、仁郎。逆転ゴールは主将の大。下級生も3年生も、愛媛へ帯同した全員で勝ちを引き寄せた記憶に残る試合でした。

WEST 第2節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】

第3節 4/21(日)
vsアビスパ福岡U-18 【7-2〇】


IMG_0973


今季初ホームゲームはアビスパ相手に圧勝のゲーム。着々とゴールを重ねていく様子は、なんとなくシーズン後半に入ってから見せるような珠玉の出来。まだ4月なのに、これだけできるのか…と驚かされっぱなしの90分でした。色んな選手の良い所ばかりを見せてもらえた中で、あえてこの試合のMOMを探すなら誰か?と仲間に聞けば、長尾の名前が。ボール奪取の美しさと芸術的なスルーパス、そして火を噴いたミドルシュート。非の打ち所の無い活躍で文句なし!2失点は残念な所で、試合展開を見てもクリーンシート必須の内容。目標を高く高く設定するからこそ、攻め続けられる試合だからこそ引き締まった内容を見せられるチームになって欲しいと感じた、かなり贅沢な試合でした。

WEST 第3節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】

第4節 4/28(日)
vs東福岡高校 【2-0〇】


IMG_0977


逆転勝利から圧勝と良い流れで迎えた東福岡戦。ここまではどちらかと言えば残留争いに回る相手との対戦で、この試合から厳しい相手が続くと警戒していたその初戦でした。立ち上がりから緊張感が張り詰め、見ているだけで胸が高鳴るプレミアらしい試合に。チャンスはガンバが多く作るも、試合を動かしたのは前半終盤の翔自のと後半立ち上がりの景司のゴール、得点の時間帯が良かった事もさることながら、2年生が試合を決めてくれたのが頼もしかった。もちろんその陰には3年生達の要所を抑えた守備と、東福岡守備陣を翻弄する見事なパスワークによるところも大きかったのですが。そして結果的に今季初の完封試合。前節のような緩さも見せず、締まった試合でした。1週間で結果と言う最もわかりやすいもので成長を感じさせてくれたところがとても嬉しかったです。

WEST 第4節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】

第5節 5/4(土)
vsヴィッセル神戸U-18 【0-2〇】


IMG_0975


いぶきの森での試合はいつも苦しむ印象。去年こそ最終盤の大谷の劇的ゴールで勝ったけど、それ以前は…。そんなアウェイゲームでしたが、やはり今年のチームはここまでの戦いぶりと遜色なく、場所など問わず相手をなぎ倒していきました。ここでも前半早いうちに翔自が先制ゴールを奪って試合を優位に動かせる状況を作り出します。圧巻だったのは後半の追加点、修平のループシュート。惚れるしかない見事なものでした。この試合も相手の良いところをほぼ作らせずに完勝。複数得点できるからこそチームに落ち着きができることもあるし、守備陣の頼もしさが試合ごとに増してきていました。誰が試合に出ようが、盤石の安定感を築き上げつつあるのが末恐ろしさすら感じます。

WEST 第5節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】

第6節 5/12(日)
vsサンフレッチェ広島ユース 【1-2〇】


IMG_0976


難所いぶきの森の次は、それ以上に難所の広島アウェイ。昨年は広島に勝てていれば優勝に手が届いていたという悔しさ。今年も昨年の焼き直しかと思うような2点先行から追い上げられる展開。しかし今年は最終盤の大ピンチを新宇がビッグセーブで凌いで勝ち切り!今年こそは勝ちたかった相手に、苦しみながらの逃げ切り勝ち。チームとしての経験を成長に繋げられてるように感じられて、めちゃくちゃ嬉しい勝利でした。ただ、ここまでの5試合の相手とはクオリティが全く違ったし、おそらくリーグの順位も今後ガンバと近いところに迫ってくるはず。最後の最後までライバルの一つはサンフレッチェのはず。ガンバとしては、この試合のようにチーム力も、追い上げられつつ逃げ切れるように上げていかねばと痛感。まだまだ強くなっていきたいなと改めて思ったのでした。

WEST 第6節 ダイジェスト【高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2019】


以上が第1クール6試合のざっくりとした感想。本当にざっくり(笑)
ここまでの成績が素晴らしいのは得点数がリーグトップ、失点はリーグ最少タイ。5連勝という事実も素晴らしいけど、それに伴う数字が良いところに強さを感じます。失点数で言えば、GK含めた最終ラインは6試合で4パターン。軸の直也&ニシショーだけでなく、榛里や颯が出ても大崩れしていないところは素晴らしい。勇斗&景司の左右SBコンビも攻守両面で効きまくり。もちろん最終ラインだけでなく、ボランチの長尾と航も試合を重ねるごとにレベルアップ。バランスがかなり整ってきた印象。前線からの守備も、誰が出てきても徹底されてて不安なし。自分がやらねばならない役割を、持ち味+αで表現できてるからこその最少失点なんだと勝手に思っています。得点数も、2トップで固定され出している翔自が得点ランクトップタイ、大谷が同3位タイ。取るべき人が取ってることが結果に繋がっています。FWが取ってくれるんだから、他のポジションも役割意識が高まるのかな。というわけで、納得の5連勝、納得の無敗だなと。
ただ、あくまでリーグ3分の1が終わっただけ。完成度は上がっても、個人のレベルアップは必須。現状の順位に楽観せず、いかにチームと自分を高めていけるかが今年のガンバユースのキーになりそうです。
そういう意味では、今週末から夏のクラ選予選が始まります。プレミアで絡めてなくて悔しい思いをしている選手はたくさんいるはず。チャンスが巡ってきたときに、他の誰でもない自分の持ち味を出す事を意識しつつ、チームのために何ができるかをピッチ上で表現できれば良い競争になると思うので、出番がやってきた選手はとにかくガンバって欲しいなと。
シーズン序盤からこんなに楽しませてもらえるとは思ってもみなくて。だから今、楽しくて仕方ないです。これから先、苦しい事もたくさんあるはずだけど、選手一人一人が少しでも大きく輝けるように、応援していければなと改めて思っています。まずは今週末からのクラ選予選で、チームの総合力を魅せつけてストレートインでの本大会行きを掴みましょう!



lifegoeson7 at 23:59│Comments(0) '19ユース 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018年度ガンバ大阪ユース卒団メンバーへ