October 11, 2014

ガンバユースB、OSAKA1部昇格を賭けた大一番へ。

IMG_0084

 今ガンバユースと言えば、プレミアリーグで首位を走り、注目の存在でもあるわけですが。そんなユースの激闘っぷりを本当はレポもしたいところなのですが、それはまたの機会に。では、突然何なんだと言われれば、ガンバユースBが目前に控えたビッグマッチについて書かずにはいられなかったのであります。

ユースBは今年の主戦場を、OSAKA2部リーグに移していました。昨年3部から昇格した”昇格組” だったユースB。3部とは異なり、簡単なリーグでは無いだろうと想像していた2部リーグでしたが、開幕戦で黒星スタート。苦難の冒険を覚悟させられました。しかし、そこからは実力通りの力を毎試合発揮し、また同じく昇格を争うライバルたちが星の奪い合いをしてくれたおかげで首位を快走。無事に2部リーグ優勝を収めました。




 Bチームにいる以上、Aチームへの昇格ももちろん 大事なことではあります。けれど今年のガンバユースの強みは、このBチームがタフな試合を経験できるようになったからこその、層の厚みでした。実際、今年のAチームで主軸を張る選手の中には当初Bチームだった選手もいました。またベンチに入れる選手たちに試合経験を積ませられた結果、交代カードとしての切り札的存在になった選手もいたり、2部リーグでの戦いが確実にチームの底上げとなったのは、言うまでもありません。


 Bチームだってガンバユース。だからこそ彼らにも期待しているだけに、2部リーグでもしっかり結果を出して来れたことは頼もしく感じています。そんな頼もしくなった彼らにとって、最後の試合となるのが1部昇格プレーオフ。OSAKA1部への昇格を果たすことが最後の関門となります。今年のOSAKA1部といえば金光大阪、興国、東海大仰星など高校選手権出場を狙える有力高校揃い。Aチームにいなくても大きな刺激と経験を味わえるステージが、もうそこまで迫ってきています。これからガンバでプロを目指したいと憧れる選手やそのご家族にとっても、Bチームが大阪の1部リーグにいるとなれば高い競争をできると考えられるようになるかもしれません。当然ながら、AチームとBチームの競争はより熾烈を極めるのは明らか。応援する我々にとっても、有力校との対戦を見られるのはとても楽しみです。


 楽しい妄想は止まりませんが、まずは何より昇格プレーオフ。2014年ガンバユースB最後の公式戦は、とても重要な試合となります。まだまだ寒い1月から始まった戦いも、これが最後。いくらプレミアやJユース杯があると言っても、今年2部を戦い抜いてきた面々の試合が明日で最後となると、少しセンチメンタルな気分にもなってしまいます。でもそれも、試合が始まれば別。全身全霊で応援したいと思います。


 最後に、このプレーオフを迎える3年生に。もちろん、Bチームとしての公式戦はこれが最後。色んな想いがあると思うけど、これでもかという力強さで、ガンバユースに爪あとを思いっきり残して欲しいと思ってます。去年、一昨年と3部を戦った3年生達が繋いできた想いを、また次に託すことができるのは今年の3年生だけ。 ありったけの想いを込めて、戦って欲しいと思います。もちろん、Jユース杯での出場を目指すアピールにもなるわけですしね。


 プレミアリーグだってシビれるし、Jユース杯もまたシビれさせてくれるでしょう。でも、明日の昇格プレーオフはそれに匹敵するビッグマッチ。楽しみでなりません。

俺らには、行かなきゃ行けない場所がある。みんなで行こうぜ、1部へ。

 

lifegoeson7 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) '14ユース 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字