April 08, 2014

【ユース】高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 OSAKA2部Bリーグ第6節 vs東住吉高校

IMG_0057のコピー

 第6節を迎えた2部リーグ。前節は近大附属Bとドローに終わったものの、しっかり上位はキープ。1部昇格へ向けていいポジションを維持していきたいところ。この試合含めてあと2試合で前半戦を終了するところまで来たので、しっかりここで勝って首位での折り返しを狙いたいガンバです。この日の相手は2勝2分1敗の東住吉高校。ガンバとしてはしっかり叩いておきたい相手でした。

 寒の戻りの直撃で、寒風吹きすさぶ舞洲は真冬に逆戻りというコンディション。しかし今回も人工芝での試合と言うこともあり、自分たちに優位な環境でできるということもあって、勝利を追求したい一戦となりました。



ガンバ大阪ユースB 4−0 東住吉高校
@セレッソ舞洲人工芝グラウンド
得点者:(ガンバ)大西高弘、松本歩夢、宮森祐希、中村文哉


 4月に入ると2部リーグの選手登録が再度行われるということで、これまで起用できなかった内部昇格者以外のユース入団選手も登録されるなど新たな楽しみが増えたユースB。残念ながらこの日新しい選手を見ることは出来なかったわけですが、今後の登場が待ち遠しい限りです。では、この試合のスタメンから。


ガンバ大阪【ユース】
2部L vs東住吉高校
17 松本歩夢(1)
19 宮森祐希(2)
11 大原俊輔(2)
5 大西高弘(3)
10 小田垣旋(2)
24 中村文哉(3)
2 杉山天真(1)
3 川浪龍平(2)
6 瀬川尚輝(3)
18 小西雄大(1)
16 羽野匡哉(2)

 少し顔触れが変わった印象のある構成でした。CBに川浪を2部リーグでは初めて起用したほか、左SBにはFWの小西、MFに中村、FWに松本と言ったメンバーが名を連ねました。小西の左サイドバックは2月頃の紅白戦を見たときにやってたような印象があるのですが、実戦でどうなのかは未知数。そしてもう一つ気になるのは中村のMF起用。どう見てもゴールに飢えるアタッカーのイメージですが、1列下がっても良さが失われないのかどうかは注目と言うか心配なところでもありました。

 試合が始まると、なかなか思うように試合を進めることが出来ません。立ち上がりから15分間は相手のプレッシャーも厳しく、特にボランチの大西のところは狙われていました。大西もシンプルに捌けば問題無い場面でなかなか玉離れできないまま奪われてカウンターを受けるなど、少しリズムを得るのに時間がかかった立ち上がりでした。一方で、前半から目立ったのは2人のプレーヤー。川浪と大原でした。川浪はとにかくコーチングの頻度が高く、DFラインとボランチを操作していました。あとこれは個人的な好みの問題なのですが、その声の出し方が熱いというか熱血漢っぷりが伝わってくる出し方で好きだったりします。甘い寄せを見せる味方に対して厳しく後ろから指摘できるのは、今のガンバにはいないので頼もしく感じます。そして空中戦の強さも大迫力。自分の守備範囲のハイボールには、絶対自分が先に触るんだという気持ちを感じさせてくれます。こうして後方に川浪がいることで、主導権こそ奪えないものの落ち着いた試合運びをガンバは見せていきます。
そして2人目に目立った印象を受けた大原。大原はここのところの2部リーグでは安定して良いパフォーマンスを見せていると思います。何よりも仕掛けの意識の高さ。迷いが見られないのは良い事です。守備の意識も1年に比べるとしっかり身に付いてきたかなという印象。特にこの試合では、左サイドが不慣れな選手で固まっていたこともあり、攻撃は右偏重。杉山と大原の縦へグイグイ侵入していく推進力が攻撃を牽引していました。
そんな中リズムが変わったのは28分、宮森が放ったシュートがCKになったところ。このCKを左足で小田垣がインスウィングのボールを入れると、ファーサイドでフリーになった大西が頭で押し込み、先制に成功します。少しずつリズムをつかみ出していたものの決定機が少なかったガンバにとって、セットプレーで先制できたのは大きかったですね。するとその直後、今度は宮森が左サイドより寄りから抜け出しゴールに向かって侵入していくと、最後は中へ折り返し松本へ。合わせるだけの松本もしっかり流し込むことに成功します。
電光石火の2得点ですっかり主導権を掌握したガンバは、大原の仕掛けや宮森の切り込みなどで攻勢を続けるものの前半はこのままのスコアで折り返すことになります。

大原のドリブルからの仕掛けはリズミカルで見ていて楽しい


次期DFリーダー候補として推したい川浪

 メンバー交代無く迎えた後半も、前半同様主導権を握ったまま優位に試合を進めます。後半の火付け役も、大原。右サイドで大原→松本と繋ぎ再び受けた大原が狙うもこれは決められず。しかし、ここで再び攻撃のスイッチが入ったのか、宮森が見事な抜け出しからゴールを決めて3点目。後半の序盤で試合を決めてしまいます。
ここまで大原、宮森と得点に結びつく活躍を見せていた一方で、鳴りを潜めていた中村のことは試合を見守る者同士気がかりになっていました。本来ここにいるべき選手じゃないし、ここに来たなら来たで大暴れして欲しい選手なのだが…。しかし、ついに中村にも得点が生まれます。またしても大原からクロスが入ると、中村がこれを押し込みチーム4点目となります。中村にとっては公式戦初ゴールとなるわけですが、このゴールが再び彼の本能を呼び覚ますゴールになって欲しいと願わずにはいられません。"フミヤ"のゴールは、みんなが待望しています。
 4点目を奪い差をつけることができたガンバは、ここから活発に選手交代を行い血を入れ替えていきます。

"フミヤ"のゴールが俺たちを熱くさせてくれる

ガンバ大阪【ユース】
2部L vs東住吉高校(後半)
24 中村文哉(3)
17 松本歩夢(1)
14 西田一翔(1)
5 大西高弘(3)
10 小田垣旋(2)
7 山中海斗(2)
2 杉山天真(1)
3 川浪龍平(2)
6 瀬川尚輝(3)
13 山下令雄(1)
16 羽野匡哉(2)

 山下、山中、西田を投入しポジションも修正します。本職の山下が入ったことで左サイドにはここからよくボールが入るようになっていました。山中も中盤での起用でしたが、ボールに絡もうと幅広く動き回っていたのが印象的です。また、テクニシャンな西田が入りタメがハッキリできたことと、相手の運動量が落ちたことで厚みのある攻撃が出来るようにはなっていました。これ以降ゴールこそ生み出せなかったものの、やはり中村にはFWでプレーして欲しいなと思わせられたり。
さらにまだまだメンバー交代は続き、最終的にはこのようなメンバーとなりました。

山中ももっと出来る選手。まずは2部でコンスタントにゴールを決めていけるか

ガンバ大阪【ユース】
2部L vs東住吉高校(終了時)
24 中村文哉(3)
9 和田健太郎(3)
14 西田一翔(1)
8 江遼(2)
10 小田垣旋(2)
7 山中海斗(2)
2 杉山天真(1)
3 川浪龍平(2)
6 瀬川尚輝(3)
13 山下令雄(1)
21 渡辺健太(1)

 後半は2得点追加した序盤で勝負がついてしまい、ガンバがのびのびと試合を進めることになりました。欲を言えば和田や山中は得点が欲しかっただろうし、ゴールも見たかったところ。あとはボランチに入った小田垣。前後半通じてゲームメイク役を担っていましたが、なかなか良さを出せずに終わったかな?という印象。でもゴールに近づいた時に見せる閃きのあるパスと、厳しいプレッシャーをいなせる抜群のテクニックはさすが。でも本音を言えば、3列目ではなくやはりゴールに近いところでプレーさせてあげたいかな。でも小田垣には公式戦でボランチってのもいい経験になってるはずでしょう。
前半ほど仕事の回数も減った川浪でしたが、瀬川といいコンビネーションだったし終盤にはキャプテンマークを巻くなど押せ押せの試合展開の中、しっかり良い意味でDFとして目立てていました。吉岡や前谷とも違うタイプのCBだし、Aチームでも出番あるんじゃないかなと思ったりしてます。

 この勝利により2部リーグではしっかり上位をキープすることができました。次節はガンバと同じくここまで4勝を収めている清明学院高校との対戦。清明戦が終われば2部リーグは半分を終了することになります。勝って1位で折り返しを迎えたいだけに、1部昇格を目指すガンバにとっては次節も必勝です。次節は5/3と1ヶ月も間隔が開いてしまうのですが、1部昇格というモチベを忘れずに1ヶ月間力を貯めて欲しいところです。

 

lifegoeson7 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) '14ユース 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字