【ユース】第37回日本クラブユース選手権(U-18)大会 関西地区予選 vsヴィッセル神戸U-18【Jrユース】高円宮杯U-15サッカーリーグ2013 関西サンライズリーグ第9節 vsセレッソ大阪西U-15

May 25, 2013

【特別編】ガンバアカデミー出身選手を追いかけて2013

IMG_0008
 ガンバの試合がすべてのカテゴリーで行われなかったということで、西京極へ出向きガンバユースOBの試合を見守ることにした。今行われているのは、関西学生選手権。トーナメント戦で関西一を決める大会。また、ベスト4に入れば夏の全国大会、総理大臣杯への出場権も得られると言うことで、重要な大会だ。この日は準々決勝。勝ったチームが総理大臣杯への出場権を得られる大事な試合。この西京極では桃山学院大v大阪学院大と、立命館大v関西大の2試合。大阪学院と関大にいるユースOBが、この大事な試合にどのような貢献ができるかが注目だった。

 見ることができた選手、できなかった選手様々だが、みんな一様にガンバってる姿を見せてくれた。なかなか足を運べない学生サッカーだが、どうしても様子が気になってしまうものだなと実感。一人でも多くプロになれるように、これからも見守りたい。今回はOB選手の写真を中心に振り返りたい。



□第1試合
桃山学院大 1−0 大阪学院大

 目当ては大阪学院大の福田浩規、山千代大斗、望月聖矢の3人。春からこの3人が中心選手として試合出場を果たせているのだが、この試合では望月がベンチ外。最も望月はここ数試合ベンチ外だったようなので、福田と山千代が見られればそれでいいやという思いもあったり。というわけで、その2名が先発で登場した大阪学院。序盤からなかなかペースを握ることができず、決定機を生み出せない。対する桃山学院が縦に鋭いスピードあふれる攻撃を見せ、やや劣勢を強いられた。山千代は守備的ボランチとして、サイドを活用する相手の攻撃のカバーに奔走。フリーでボールを持てれば、サイドチェンジを見せたり、縦にくさびを入れて自らも攻め上がっていくなど、らしい動きを見せた。一方福田は、1年生ながらCBでレギュラー出場。さらにこの日は4回生の兄・福田恭大も中盤で先発出場し、兄弟揃い踏みとなったわけだが、落ち着いた守備から厳しい寄せを受けても的確に繋いで見せるなど、さすがガンバユース育ちなところも披露。相手の攻撃を受けながらも、両者持ち味を発揮していた。前半は桃山学院に決定機が2つほどあったのに対し、大阪学院は1つ。なかなか見せ場を作れないまま、折り返すことに。
 後半に入ると、立ち上がりはやや大阪学院ペースでボールポゼッションを展開するが、シュートチャンスには持ち込めず、歯痒い時間が続く。いい流れからの攻撃を1つ作ることができれば流れは変わりそうだったが、桃山学院守備陣が最終ラインで強固にそれを阻んでいく。 守備からリズムを作り出した桃山学院が、徐々に試合のペースを握っていく。すると62分、左サイドからの見事な突破からのクロスをヘディングで決められ、大阪学院がリードを許してしまう。ビハインドを負った大阪学院は1点を追う形になったわけだが、強固な桃山学院守備を前にして攻めあぐねる時間が増加。終盤に差し掛かっても、1点差だけに本来なら闇雲なパワープレイもアリかと思われたが、淡々と経過。結局、1点が遠いまま試合は終了。大阪学院の総理大臣杯出場は叶わなかった。

IMG_0072のコピー

IMG_0082のコピー

IMG_0083のコピー

IMG_0090のコピー


□第2試合
立命館大 1−3 関西大

 この試合での目当ては、山田幹也。今年の関大に関してはガンバユースOBがなかなか試合に出られない状況が続いている。この試合もスタメンに名前が無ければ見ずに帰宅することも考えていたが、山田が出場するということで見守ることに。4バックの右サイドで先発した山田だったが、前半はほとんど見せ場が無かったと言っていい出来。試合自体がほぼ左サイドで展開されていたことが一つ。また、山田自身にもボールが回ってくる気配が薄く、専ら左偏重の攻撃に対してのバランス維持に重点を置いている様子だった。試合の方は、16分に早々と失点。CBのもたつきからボールを奪われて失点する自滅に近い失点だった。ミスによる失点だったこともあり、切り替えてしまえばなんて事のない失点のように思えたが、関大のエンジンはなかなかかからない。ちぐはぐさが目立ち、ポゼッションというよりボールを持たされているようにも窺えた。結局前半は、関大がほぼ何も出来ないまま終了することに。
 後半、早い段階で同点に持ち込むことが必須だった関大。山田にも持ち味である攻撃性を発揮してもらいたかったわけだが、徐々にその攻撃性が見られるようになる。左サイドの都並優太が豪快なオーバーラップを見せる反面、山田は和田篤紀や秋山一輝とのコンビネーションで右サイドを崩しにかかる。徐々に左右がバランス良く攻撃できるようになってきた66分、ついに同点に追いつく。苦しかった展開だっただけに、この1点が非常に大きく堰を切ったかのように、関大攻撃陣が勢いづく。するとその10分後、左サイドから都並が絡んで秋山がゴールし、ついに逆転する。その直後にも、和田がエリアのやや外から、落ち着き払ったループシュートを放って、ダメ押し点。苦しい時間帯を多く凌いだ関大だったが、爆発力を発揮して逆転勝ちを収めた。同点に追いついて以降、選手たちの動きにも軽快さが見られるようになり、山田も攻守に奮闘。ユース時代にも良く見られたペナルティエリア内へエグってからのクロスや、簡単にはたいてから自ら攻め上がってスペースを作るなど、右サイドの攻撃を演出。らしい動きを見せてのフル出場となった。

IMG_0104のコピー

IMG_0111のコピー

IMG_0139のコピー

IMG_0144のコピー


 福田、山千代、山田とそれぞれフル出場を果たすが、結果はクッキリ分かれることとなった。個人的には、大阪学院の攻撃には望月は欠かせないピースなのではないかと思わされたわけだが、こればかりは試合を見てみないとなんとも言えない。今度は3人が揃う姿も見てみたいものである(もちろんFW西田康貴も)。一方関大は昨年まで3年間ゴールを守り続けたGK金谷和幸が4回生に入ってベンチ外が続いている。同じく4回生の吉川陽や、原口拓人・水野旭の3回生組も姿が無かった。熾烈な競争が続いている様子だが、まだまだこれからの活躍を楽しみにしたい。
 この2校以外にも関西学院大、大阪産業大などユースOBが多数所属する学校もあり、また成長する姿を応援しに行きたい。来月もう一度見る機会がありそうなので、今からその日が楽しみである。 

lifegoeson7 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) '13ガンバ大阪 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【ユース】第37回日本クラブユース選手権(U-18)大会 関西地区予選 vsヴィッセル神戸U-18【Jrユース】高円宮杯U-15サッカーリーグ2013 関西サンライズリーグ第9節 vsセレッソ大阪西U-15