'07シーズン・後半戦日程メモ無得点

June 17, 2007

第15節 vs名古屋戦

299314a2.JPG晴れとる!!!


昼に起こしてくれた、電話の向こうの彼女に思わず寝起きで言った一言。

まさか、ここまで快晴になるとは思いもせず。
雨にげんなりしつつ、もう万博は雨って体が思い込みそうになってしまってるぐらいだった自分。
そんなんだったので、飛び起きて万博へ向かいました。

今日の相手は名古屋。
どうせ中位力でしょ〜。なんつってたら、家本降臨。。
中位力と家本力。
こりゃ勝てねーwと一人で内心盛り上がっておりましたが。

とりあえず、前半はさっきまで内心で盛り上がっていたのを後悔しそうになってしまうぐらいの低調な内容。
というよりも、ガンバはマイペースなだけだったのよね。
でも名古屋がハイペースだった。

あ〜これが中位力ってやつねって思わせるには十分ないい出足。
自分が見た限りでは、ラフさもあったけれど、以前ほどではなかった印象。
まぁ金には、どうやって見てもラフな印象しか付きまとわなかったけど。

そんなこんなで名古屋先制。
セットプレーから増川に。
ガンバDFは少し集中欠いていたような感じがした。
なんていうんだろう、まったりした感じ。万博での前半って、往々にしてこういう空気がよくあるけどね。

まぁ、でも。
先制した後の名古屋もそんなに押せ押せになったわけでもなく。
ガンバのエンジンがかかるのを待ってくれているような、スパーリング相手みたいな感じだったかも。
って名古屋は練習相手かって話になっちゃうけど、結果論で言って、ほんまにそんな感じがしたのよね。


名古屋が思った以上にハイペースで主導権を握ったので、守勢に回ることが多かったガンバ。
前半にはチャンスももちろんあったけれど決めきれず。
でも、ハイペースで来る名古屋とは対照的に、冷静に相手を分析しながら試合を運んでいたんじゃないかな。

後半は、予想以上の攻撃ガンバ。
予想以上っていうのは、前半があまりに落ち着いていたっつーか、まったりしていたので、ギアの変速に俺がついていけてなかったから。
安田とマグノの交代。入るは家長と播戸。
下がった両者は決して悪くなく。マグノは得点こそ無いけど、調子が悪いんじゃない気がする。
バレーを下げられないだけに難しいねんけど、マグノ−播戸の2TOPをもう一度見てみたい。

いや〜しかし、後半のガンバは圧巻だったなぁ。


ボール拾いーの
ボール回しーの
シュート打ちーの
弾かれーの
嫁ぎーの

ボール拾いーの
ボール回しーの
シュート打ちーの
弾かれーの
(ry

っていう、イケイケ時のガンバ・ショー。
うち3本のシュートが入っただけであって、流れ次第ではもっと入ってたかな。

前節が後味悪目だったので、今日は余計に楽しかった。
では、試合のまとめ。



・加地君のどんぴしゃクロス素敵。
・あれは狙ってませんでしたと、ボケなのかマジなのかわからんコメントをする加地君が好きです。
・残念シジクレイ、今日も健在。ゴールも健在。
・安田日に日に良くなってるね。
・新井場、児玉に続く、俺的青黒の左SBをそろそろ継承してもいいかも
・入りはせずとも、中盤4人は得点狙っていい感じ
・家長はやっぱりスーパーサブかなぁ。切り札だねぇ。
・播ちゃんはそろそろスターターもあり?むしろマグノをスーパーサブ?
・播ちゃんの献身さを前半から、嫌な流れや押せ押せな流れに、凄味のマグノを
・暑くなってきたし、マグノはきっと目覚めてくれる。
・今日はあんまりガンバボーイが見えなかった。。
・名古屋はやっぱり俊哉と本田やねぇ。
・杉本は確かに速い。速い。だけ?
・あれ?玉田って名古屋?
・本田も家長も、いいなぁ、この同期コンビはやっぱり。


試合直後はゲーフラ祭りだったゴール裏を観察。
やっぱり今回は、



  恋 
松山千春


これが一番だったんじゃないかな、とw
俺、好きやわぁw
ゲーフラ職人の皆様、乙でした。


lifegoeson7 at 00:23│Comments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
'07シーズン・後半戦日程メモ無得点