November 12, 2007

第31節 vs千葉戦

d3df79c1.JPG






色んなことに対して、心配でした。この対戦。
ナビスコ決勝、天皇杯初戦、そして終盤戦のリーグと各種大会でそれぞれまったく違う状況。
しかも、かたや優勝、かたや延長PK勝ちとヘロヘロ要素が満載。
対千葉と考えると好ゲームが予想できるものの、ナビスコ予選@万博みたいな最後の最後に力尽きて、あ〜あ…ってな試合も考えられました。
なので、ほんとにこの状況での千葉戦が不安でした。

しかし蓋を開けてみれば、ガンバのしたたかさと千葉の不調さで、必然のガンバの勝利だったように思えます。
千葉の怪我人の多さは致命的で、何より皮肉だったのは、ガンバの得点シーンに負傷明け?負傷中?の水本が絡んでいたこと。
千葉の3DFは機能してたように思えたけど、この采配が裏目に出たかなと。
もちろんガンバの攻撃、特に1得点目の流れは素晴らしく美しく、千葉に対して多大なダメージを与えられたんではないかなと。

ガンバはDFでも意外性をもって千葉の攻撃を止めにかかっていました。
まさか加地くんストッパー起用の布陣をスタートからやってくるとは。そしてそれがハマるとも思いませんでした。
ここにきて3DFでいくことで、中盤の厚みを出せて、DFの効果というより攻撃への効果が出ているような気はしますね。

ていうか安田が調子いいのは間違いないけど、家長…
バレーは不調なようでも得点するから、マグノがまるで絶不調みたい…
家長は去年のフェルみたいな感じやなぁ。ほんまにローン放出かもとかガクブルです。
マグノはきっときっと残ってくれると思ってるけど…ウーン

それはそうとグローイングライフで家長は、万博の客の少なさに注文つけてたなw
そりゃ目下のライバルが浦和じゃ、選手も客数とか比較しちゃうわな。
国立であんだけ来てるんやから、万博にも来いよ、近いねんから>家長の発言の要約



ごもっともですw


もっと客数増やせるようにがんばります。。
そういや天皇杯は2600人、この日は20000人やっけ。
でもこの日の応援の迫力、正直千葉が勝ってたかもね。Aホームから熱さが伝わって来なかった。明らかに水曜より人が多いのに。
スカパー・関テレの再放送も見たけど、どっちも千葉の声ばかり聞こえる。
選手よりも、サポがバテてたんかもね。
ってSBでのんびり手拍子くらいしかしてない俺が言うたらあかんな。

とにかく、ナビスコ優勝モードもバレーの2発がいい意味でリーグ優勝を少し近づけてくれた。
もっともっと、熱くやってきましょう!

って俺は今年もう神戸戦しか行けへんけど。。。

続きを読む

lifegoeson7 at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

November 08, 2007

天皇杯4回戦 VS山形戦

a2d8b3dc.JPG






初めての万博ゴール裏にて、見てきました。
色んなものが、超寒ぃぃぃぃぃw


会社を出たのが6時45分。
開始に間に合わないのはわかっていたけど、よりによってJRが止まっていると聞いて、いきなり冷めるw
使えねぇな〜JRと愚痴りながら、御堂筋線→モノレールで万博へ。
走れるところは走ったおかげで、7時半に到着。
まずは端に行って、戦闘モードを上げてみる。

で、だw

なんで先制されとんねんとw
ビックリしたわ。
まぁまぁまぁまぁと余裕を持って切り替えて、声を出す。
直後のFKで2点目の失点。


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


着いたそばから、それですか。
首がもげそうにうなだれるのをこらえて、声を出す。
いつものSBなら、だんまりしてしまいそうでしたが…

ということで前半はまともに見れていないわけですが、着いたときには青木への野次が相当聞こえてきたので、青木はいかんのやろなぁとw
確かに、前半の後半ももたつく青木が目に付きましたが、彼はセンターバック。
そう思えばストレスはなくなりました。
ましてや、初先発の匠ちゃんも守備のサイドバックってより攻撃が売りのサイドバック。
確かに常に高めの位置取りで、(1失点目はその高めの位置取りが裏目に出たようですが、失点シーンを見れていないのでわかりません…)バランスを考えれば、青木がガツガツ出る必要はなかったかなと。
青木がバランスを保てていたかというと…

ギリギリ保ててた?!くらいかな…。

まぁとにかく、のっそりのっそりした展開なので、誰が良く誰が悪いなんてことすらナンセンス。
まず動け、話はそれからだって感じでした。


HTで、ナビスコ決勝から一緒に観戦するようになった職場の人と合流。
前半はゴール裏言うても、かなり端でしたが、その方がいた場所はど真ん中やったので、後半は俺もそこで。
リーグ戦じゃシーパス優先でも取れなさそうな場所でテンション上がるw
画像にあるような目線なんですけどね。

さぁ後半。
出だしから、運動量は上がったものの、その陣容に唖然w
フタと加地くんの投入はやむをえないか。
つーか。

ヤ、ヤットのワンボランチwwww

これまた貴重なものを見れました。
そりゃ前掛るわなと。
攻撃に勢いが感じ始められて、あっという間にまず1点。
それからというもの、攻めて攻めて攻めて…カウンターにひゃあああああと絶叫する時間もあり。
同点に追いついた時間も悪くなかったので、こりゃいけるいけると思ったのが間違いでしたw

それと同時にゴール裏もハイテンションになったし、俺も歌って跳ねて、真ん中で浮かないように。
た、楽しいよゴール裏。
向こう側のゴール前は、評判どおり何もわからないけどwww

さぁ、あとは試合を決めるだけ。
温存予定の選手も使ったし、さくっと決めて終わろうね〜。
ここでバンとバレーがドフリーを…orzorzorzorz

これはマジで笑えなかった。。
嫌な感じがしましたよ、ガックリですよ。
バレーもそうやし、バンもドフリー外すし。
アタッカーの二人は、出場選手全員に飯をおごれと。
お前らが決めなくて、誰が決めんねんな、ほんまに。

これで延長か。
30分あるし決めれる決めれる。そう思ってはいたものの…
ちなみにゴール裏では太鼓が使えなくなったということで手拍子と声のみに。
天皇杯でしか味わえないこの状況に入れて、ラッキーなのか何なのか…
ひたすら歌い手を叩き、選手が少しでも元気になればと思ったものの、延長戦でも決着つかず。

はいはいPKPK

そうそう、この時間くらいから寒くなってきて困ったわ〜。
こないだ通販して、今日届いたこのマフラー。

グランデマフラー








これが役立ちそうなくらい冷えました。
しかしこのマフラー、いいよね?こないだのエルゴラの広告見て買いましたw

さて、PK戦。
万が一相手側のゴール裏でやられたらどうしようとか余計なことを考えていました。
人数は少ないけれど、少しでも威圧できれば…
1人目がやり直しになって、かなり嫌な感じはしました。
せっかく外しやがったのに…
しかし2人目を藤ヶ谷が止めたときには、今日の得点シーンよりも盛り上がりw
一方ガンバが淡々と決めていくのが心強かったです。
しかしながら、最後のキッカーがバレーだなんて。。。

正直外す展開やろとみんなが思ったと思いますが、よく決めたw
バレー自作自演完結w
よかた、2年前同様勝ちあがれてよかたよかた。
まぁしかし、いくらシジ・マグノ・明神を温存できたとはいえ、遠藤120分はなぁ…
とりあえず、12/2でシーズンが終わらないことだけを決めれた試合でした。


続きを読む

lifegoeson7 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

November 04, 2007

ナビスコ決勝 VS川崎戦

667b4d42.jpg





やった〜〜〜〜〜〜!
カップを大阪に持ち帰ってこれたど〜〜〜!


最高の戦いやったなぁ。
勝って良かった。ほんまにガンバは強かった。
危ういところももちろんあったwけど、それもまたガンバの面白さ。

なんていうか、今年のガンバの強みを凝縮したような試合だった気がした。
相手の良さを引き出しておいて、止めるw

そういうのがいい方向へ行ったのかなと。


あかん、いつも以上に何が言いたいのかよくわからなくなってきた。


いつもみたいにダラダラ書くよりただただ、

おめでとうガンバ
ありがとうガンバ

って言葉しか出てこない。
国立まで駆けつけて、ほんまにええもん見せてもらえました。


何よりガンバの選手のファイトを、この舞台でも見せてくれたことが、誇らしいですね。
ミチのニューヒーロー&MVPなんて、さすがに予想だにしなかった。
でも、MVPは藤ヶ谷にあげてもいいんじゃないかなぁって思ったりw
藤ヶ谷のグッセーブがなかったらと思うと…


いや〜しかしほんま嬉しい!
噛み締めれば噛み締めるほど、笑顔になってしまう。
録画見返すと、コレヲグラフィや自分の旗が写ってたけど、ガンバサポの数も相当いてたね。
自分も喉潰すほど歌ったけど、みんなそんな感じで、間違いなくサポートになれてたんちゃうかな。
コレオグラフィは、コアサポさんたちの尽力に感謝感謝です。
すんげ〜かっこええ出来栄えやったもんね。

欲しかった欲しかったリーグカップタイトル。
これで今季2冠め。
ゼロクス・ナビスコ・リーグ・天皇杯。うち2冠。
あと2つもまだ可能性が残ってる。
リーグは厳しいけど、コクリツ・トレブルへ向けて水曜日の天皇杯。

まだまだガンバの戦いを見たいし、楽しみたい。

最後に改めて、

おめでとうガンバ
ありがとうガンバ


続きを読む

lifegoeson7 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

November 01, 2007

'07ナビスコカップファイナル直前

f24f73fd.jpg交通手段は確保した。
夜行バス用に、安眠グッズも確保した。
青黒チェッカーフラッグに、振り棒もつけた。

今日の昼間に'05ナビスコファイナルをスカパーでやってたから録画して見た。
2年前に、カップを奪われた瞬間を目に焼き付けた。
忘れ物を鮮烈に焼き付けた。


チームも非公開練習で士気を高める。
勝つしかないだろうという雰囲気か。
バレーには契約更新報道。
だからって、マグノはどこにもやらないよ。
マグノは、ガンバにタイトルをもたらしてくれる男やねん。


楽しみすぎて緊張してきた。



まず2冠。
だから…
カップは大阪に持ち帰らせてもらいます。


次のエントリーで、カップウィナー・エントリーができますように。

それでは、国立で。

lifegoeson7 at 23:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 29, 2007

コクリツ・トレブル

f00af13d.JPG






ガンバネタ報さんの最新エントリータイトルを見て思ったのですが。
そうか、国立で得られるタイトルにはまだまだかなり高い確率で可能性があるやんか、と。

日本におけるトップクラブが、リーグ以外でチャンピオンの称号を得られる場所は、国立しかない。


ゼロックス・ナビスコ・天皇杯


リーグは諦めない、ただし他力本願なのも事実。
でも国立トレブルは、自力でのチャンスがかなり高いわけで。
ゼロックスは今年の参加資格こそ天皇杯準優勝チームという"浦和のおこぼれ"やったけど、獲ってくれた。
ナビスコなんてそれこそ、あと1勝でチャンピオンだ。
天皇杯にいたっては、J1勢にとっては始まってもない。

そうなりゃ自力で取れるタイトルを、目指してもいいんかもと。
正味な話、リーグは勝ち続けた上で、可能性はあるにしてもタナボタやし。

タナボタでもそりゃ嬉しいし、リーグタイトル得られたら最高やけど、そんなタナボタを得られるにも状況は確かに厳しくなった。

だからとにかく、こぼれてくるものにすがるより、勝ち抜いて掴み取れるところに照準を変えても悪くは無いと思う。
(でもリーグだってせめて2位死守しないとね。ACL行かなあかんし。てか、そんなん贅沢すぎるか。ごめんなさい)


昨日負けたからこんなん書いてるわけやし、ネガティブに諦めたやつと思われても仕方ないけど、戦ってる以上獲れるタイトルを狙うべきやと思う。
もちろんリーグで戦って勝つから、その上でタナボタであってもリーグタイトルが待ってる。
まぁある意味、ACL出場権だってタイトルみたいなもんか(無理矢理)。


だから、他力より自力で獲れるタイトルを、とも思う。


そのためにも、まずはナビスコ!
運も何もかも引き寄せるためにも、国立でカップを!


lifegoeson7 at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 28, 2007

第30節 vs清水戦

なんとも残念な結果ですね。
長谷川健太がそういえば万博に見に来てたっけ。
その効果もあったんやろな。

んーしかし、ほんまに残念や。


ちなみに俺。
この試合、思いっきり西梅田で飲んでたので一切見れてないわけですが、見る気は起きません。。

もうこの試合は忘れて、リーグカップタイトルへ王手なんやし、そっちに切り替えていかんとね。

しかし今年清水と2戦して、フェルに2点も取られてるて…
ローンで出した選手にいたぶられるなんて、あかんて。

あとスタメン見ても、昨日に限ればバレーはスーパーサブ起用のほうがよかったんじゃないか?
いきなりの起用はリスクがあるやろうに。
結果にしても怪我にしてもさ。

甲府戦で復活したマグノ−バンでいってほしかったな、と。
まぁこれは俺の好みなので、得点王に近い選手を使いたがっちゃうのはわかるんやけどね。

済んだ試合は仕方ない。
前を向くしか。
ガンバのサッカーができれば、勝てる。
できなかったから負けただけ。

ひとまず、リーグは忘れてカップタイトルに全力尽くそう。
目の前に、確実に取れるタイトルがあるんやから。
その1勝で、タイトルが一つガンバのものになるんやから。

lifegoeson7 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 21, 2007

第29節 vs甲府戦

df9ad047.JPG







2時KOの優先入場が11時半。
我が家から間に合わそうと思えば、相当早く行かなきゃいかんのがしんどいわw
まぁでも、そんな眠気眼が吹っ飛びそうになるくらいの、快勝。

バレーに加えて、加地君も欠場。
マグノが復帰、そして青木が代わって出てくるのは想定内。
両SBが本職じゃないのが、激しく不安やったわけだが、そんなものはただの杞憂だったみたい。

そういえば今日はさらにメンバーの入れ替えが。
控えGKに木村君。これはビックリした。GKユニ発売に合わせてのサプライズ?とか本気で思ってしまったわ。
ごめんね木村君。でも、松代はどないしてんやろ。怪我?
てか選手紹介が、浪速のブッフォンて…w木村君、あれってどうなん?w


そんなわけで、スタメンもスタベンもかなり選手の入れ替えがあったわけですが、今日の相手には関係が無かった模様。
なんてたって、開始早々の、ちん君のゴール。
トン、トン、トーンとテンポのいい展開から、あっちゅー間のゴールでした。
これはでかかった。しかも、ちん君ってのが余計にね。
確変ではなく、ついにトップで本性を現したなぁ〜って感じかw

そして直後のマグノのゴール。
スターター復帰の試合で、早速ゴール。めっさ嬉しかった。
マグノもほんまに嬉しそうやった。
正直マグノが交代で下がるまで、全力疾走とかされたらドキドキヒヤヒヤしたんやけど、これで無事に本格復帰ってことになるかな?
あの素早いドリブルと動き出しを見れたから、見た目には完全復活と見えるんやけどね。
でも焦らず、じっくりじっくり上げていってね>マグノ


前半早々で、まさに今日のイベントのごとく、収穫祭の万博。
これは楽しい試合になると、確信。
実際、この後押しに押して、フタのゴールも。
ここんとこ、も一つな調子かなって思ってたけど、今日のフタも「見慣れた」フタになってくれてた。
ちん君、マグノ、フタと前半だけで大収穫祭。

後半はしばらく耐える時間帯もあったけど、最後の最後でDF陣&藤ヶ谷君のグッセーブ連発。
大差でも、集中絶やさなかった藤ヶ谷君に、ニッカンMVPは禿同。
青木、マグノ、バンを安田、前田、倉田に交代。いい具合に攻守に活性化。
バンが無得点やったのが唯一の心残りやったけど、それでも前線でよくがんばってたし、へんてこりんなオフサイドを取られただけで、動き自体はOKOK。
めげるな、バン。

ちん君の2点目は、お見事。バウンドして枠出るかと思ったけど、うまく吸い込まれてくれた。
そんでもって、前ちゃんのオサレヒールには思わずどよめきをあげてしまったw
いや〜ずっと控えで争ってた2人がリーグ戦で結果を出した。コレは心強い。
後半の後半は、甲府がケチョンケチョンやったので、やりたい放題で、ナイスなトレーニングになったかなと。


てか、甲府…サスペンションが3人もいたみたいやし、まぁガンバれ。
特にまっすぅ。。やっぱ万博ではあかんなぁ…。
まっすぅ、ガンガレ、超ガンガレ


さてこれで、ガンバの今後はほんまに楽しみ。
ナビスコも取れるように、リーグに繋げていかんとね。
そのためにも、次の清水はボッコボコにして是非踏み台にしたいところ。
赤いさいたまさんは、今度のACLでボッコボコになって、ヘロヘロになってねw


さぁ、ガンバの季節はここからやで!





続きを読む

lifegoeson7 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 15, 2007

ナビスコ準決勝2ndleg VS鹿島戦

現地に行ったわけでもなし。
部屋でLIVEをひたすら見てただけ。
決勝へ、決勝へ…それだけを願って見てました。

そんな息詰まるような緊張感。
カップ戦ならでは、準決勝ならではの興奮。
こんな展開のゲームは、年にそう何回も見れないやろうね。
それくらいの熱戦。

ガンバはほんまによく食い下がったな、と。
アウェイゴールのあるホーム&アウェイでの戦いで、これほどまでに初戦の結果が大事だとは思わなかった。
1stlegの結果があるから、突き放されても、まだだまだだの精神で。

食い下がってくるガンバは、嫌やったやろうなぁ。
しかし、今度の鹿島は強かった。
風格のある強さを感じたわ。
1stlegが慎重すぎたってのが浮き彫りか。


とにもかくにも決勝進出はガンバ。
カシスタで、勝利ではなかったけれど、歓喜をあげれた。
鬼門といわれても、今年はカシスタで喜びしか味わってない。
時代は変わったなぁ…。。。


今年はカップ奪って、時代が変わったことを明確にしたいね。


とにもかくにも、国立へ連れてってくれてありがとう、ガンバ!



続きを読む

lifegoeson7 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 11, 2007

ナビスコ準決勝1stleg VS鹿島戦

e56bb55b.JPG





わーい。無失点勝利!
わーい。2試合連続でコロコロPK見れて、幸せ者です。
もう虜です。


仕事を終えて、急ぎに急ぎを重ねて、結果前半開始10分手前くらいに万博到着。
思ってたより早い到着ができて内心ガッツポーズw
ナビスコぐらいの客入りも、悪くないよね。収益的には全然良くないけど。

それにしても、今年ナビスコの万博開催は浦和戦を除き、しょっぱい試合が多かったので、今日のまったりしそうな雰囲気に少し不安を感じてました。
しかも、柏でキレキレやったはずの寺田がいないなんて、何の間違いかと。。

前半は一進一退、でもやはりお互い慎重でしたねぇ。
2試合としてみれば前半の前半だけに、静かな45分だったのではないかな、と。
それと、家長ごめんよ。
前半に関しては、いることを忘れてたよ。。てっきりスタベンだと思い込んでた。。


後半のハイライトはなんつってもあのPKのシーンなわけですが。
PKになる場面は、俺の席からすんげーよく見えましたよ。
どう見てもハンドなのに、あの抗議には失笑w
馬鹿島はいつまでたっても馬鹿島だーw

コロコロっと決めて、先制。ヤット、たまらんわ。
その後しばらくしてから、バンが絶好のチャンスに超丁寧にシュート打ち損ねたときには頭抱えましたが、それが響かずに、無失点で切り抜けられたことがほんまにデカイ。
そういえば、鹿島は放り込み作戦中になぜ本山を入れたんやろ…無意味にも程があるのでは。。
寿司の岩政の空中戦のほうがよっぽど怖かったけど、すれすれで凌げましたね。
DF陣、ほんまに超GJ!


いや〜ほんま。
かなり終盤は冷や冷やしましたが、1stlegのホームで、無失点勝利はデカイですねぇ。
次に何点打ち合おうが、もしくわスコアレスでも、とにかくドローであっても勝ち抜け。


でもバレーに加え、安田や家長が欠場。
得点への切り札が最低2人抜けるのは確実。
ここへきて、寺田も負傷?今日出てなかったのがめちゃくちゃショックやったわけですが…
怪我とすると、2ndlegも厳しいんかなぁ。。


でも、バン−マグノで2TOPを組めるなら…
急にニヤけてくるのはなんでやろw


2ndlegはすぐ。
次は激しい試合になるかとは思います。
が、負傷明けマグノには期待しすぎず、ここは今日大チャンスを逃したバンに超期待したいな、と。
バン、頼むで。
マグノも、どうか無事復帰できますように。


現地に行かれる皆様も、ぜひ国立への切符を掴んで帰ってきてくださいね。
そして、まずはカップウィナー、戴きましょう。

lifegoeson7 at 00:46|PermalinkComments(3)TrackBack(0) '07ガンバ大阪 

October 07, 2007

第28節 vs柏戦

35c917bc.JPG



もうね、楽しい以外の何があるって言うのさ。
日立台みたいな素晴らしいスタジアムで、目の前で同点・逆転ゴールが見れて。


何よりも、ガンバゴール裏の熱さに選手も応えてくれたっつーか。
柏も熱かったけど、ガンバも負けてなかったですよ。
もちろんアウェイなんやし、数は負けてるけど、それでも熱かった。
バンの同点ゴールのときの熱狂ぶり。
そしてそれに至るまでの、そろそろゴールが来るんちゃうか?っていう期待をみんなが持ち始めてた頃の得点やったから、余計に熱くなれた気もする。

いやはや、一日たっても日立台熱がまだ続いてますw
やっぱええなぁ、あんなピッチに近いスタジアム。
熱気も熱狂も、何もかもが選手からもサポからもダイレクト。

観戦だけでなく、フードコートも種類豊富でアウェイサポもガンガン楽しめる空間でした。
焼きそばは焼きそばでも、万博とは雲泥の(ry
まぁまぁ、万博にも今後期待しましょう、たくさん変化が出てきてるんやし。

とにかく素敵な日立台を、存分に堪能できました。


そしてそして、肝心の試合。
テラシン初先発、家長も先発。両ワイドを置く布陣に興味津々で望みました。
とはいえ、試合前から雰囲気に呑まれた俺wなので、試合を見るより声出しに全力でした。
なので、特に前半は試合などほとんどわからず。。
ポストに2回も当たってたなんて、帰宅してテレビつけた途端やってたスパサカのダイジェストで知ったくらいです。。

まぁしかし、あんなに応援に没頭してしまうくらいの、熱い試合。
なんていうか、そうさせる空気がありましたね。ロケーションもそうだし。
あと、明神のサポートになりたかったっつーか。
あれだけガンバに貢献してきた男を、ブーイングに包まれる場所で孤独にはさせたくなかったっつーかね。
だから昨日も、突出して明神コールは多かった。
実際明神は"この日も"素晴らしかった。
毎回素晴らしいって、神だよ、神。


さぁ。
強いガンバが帰ってきた、ようやくそう思わせてくれる1試合でした。
勝負の季節はここから。
バレーは怪我したけど、マグノはもうすぐ帰ってきてくれるはず。

だからこそ。
あんな熱い試合を、次に繋げていかなければ。



続きを読む

lifegoeson7 at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) '07ガンバ大阪